手数料等

住宅性能評価料既存住宅の建設住宅性能評価に関わる住宅性能評価料

【既存住宅性能評価料】新築住宅用手数料はこちら

既存住宅(一戸建ておよび一部の共同住宅等 ※1)の評価料(消費税別)
住宅分類 A.新築時の建設評価書が有る場合 B.新築時の建設評価書が無い場合
戸建て 基本料金 性能項目評価料 基本料金 性能項目評価料
200㎡以下 60,000円 構 造 30,000円 114,000円 構造 45,000円
温熱 25,000円(温熱5-1のみ:15,000円) 温熱 37,500円 (温熱5-1のみ:22,500円)
他一式 10,000円 他一式 15,000円
200㎡超 70,000円 構造 30,000円 124,000円 構造 45,000円
温熱 25,000円 (温熱5-1のみ:15,000円) 温熱 37,500円 (温熱5-1のみ:22,500円)
他一式 10,000円 他一式 15,000円
既存住宅(共同住宅等)の評価料消費税別
住宅分類 A.新築時の建設評価書が有る場合 B.新築時の建設評価書が無い場合
共同住宅 基本料 性能項目評価料 基本料 性能項目評価料
  30,000円/戸 15,000円/戸 44,000円/戸 20,000円/戸
専用部 温熱 15,000円/戸(温熱5-1のみ:10,000円/戸) 22,500円/戸
(温熱5-1のみ:15,000円/戸)
共用部(Mは戸数/棟) M:50戸以下 150,000円/棟 75,000円/棟 200,000円/棟 100,000円/棟
M:50戸超 3,000×M円/棟 1,500×M円/棟 4,000×M円/棟 2,000×M円/棟

※1 一部の共同住宅等とは、他住戸のない共同住宅等をいいます。

●基本料金に含まれるものは、「基本事項」「現況検査」「設備に関する基本事項」の評価料です。

●性能項目は選択できる項目であり、「他一式」とは「構造」「温熱」以外の評価項目全てをさします。
なお、評価が不要な項目があっても、1つでも評価項目を選択した場合は、この料金が適用となります。

●評価のための必要性から、床下・小屋裏等への出入り等のための工事費等が必要となった場合や
中性化試験等の通常の業務範囲を超えた場合でその依頼を受けたときは、その費用は別途となります。

●新築時に性能評価(設計・建設)を当社で受けている場合は、上表Aの手数料から更に20%減額します。

●上表Bの場合で、設計図書等が揃っている場合は上表Aの基本料を適用します。

●液状化情報提供を希望される場合は、上記の評価料に2,000円を加算するものとします。

●離島等における評価料については、通行料および渡航費用(実費)を加算するものとします。

オプション評価料消費税別
項 目 検査料
既存住宅の特定現況検査 蟻害調査 40,000円/戸
腐朽調査 40,000円/戸
蟻害・腐朽調査 60,000円/戸
項 目 検査料
室内化学物質濃度測定 アクティブ方式 ホルムアルデヒドのみ 100,000円
ホルムアルデヒド及びVOC4種 140,000円
パッシブ方式 ホルムアルデヒドのみ 65,000円
ホルムアルデヒド及びVOC4種 85,000円
  1. 一戸建ての住宅における建設評価申請引受時の追加料金で、共同住宅等又は複数住戸対応の場合は別途。
  2. VOC4種とはトルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンを指します。
  3. アクティブ方式は国土交通省告示の標準測定方式により測定します。
  4. パッシブ方式はパッシブ型採取機器による告示代替方式により測定します。
  5. 測定環境の設定(住戸の窓開放と閉鎖内容、設備機器の稼動等)は申請者の協力を得て、評価員が立ち会い、確認します。

ページの先頭へ戻る

手数料等
手数料等
住宅性能評価料
新築住宅性能評価料
既存住宅性能評価料
建築確認検査料
長期優良住宅技術的審査料
低炭素建築物の技術的審査料
省エネ適合性判定手数料
省エネ認定のための技術的審査料
BELS評価料
フラット35適合証明料
新築住宅適合証明料
中古住宅適合証明料
リフォーム融資適合証明料

電話でのお問合せ 各支店まで
お問い合わせください。

・受付日/月曜から土曜
・受付時間/9:00から17:40

事業所一覧はこちら